治療内容・費用

当院で行う治療内容を説明します。

(以下の料金すべてに、別途消費税が掛かります)

矯正治療についてのご相談相談料 ¥3,000(院長対応)

30分から1時間程度お時間をとって、矯正治療についてのご説明やご相談を行います。
専門医としてのしっかりとしたご説明、ご相談を行うために、院長対応のご相談は有料とさせていただいております。
※専任スタッフによる説明(診察なし)の場合は無料となっております。
十分にご納得いただいてから、治療されるかをお決めいただいております。

* 相談に来られた方には、詳しい資料及び当院のパンフレット等を差し上げています。

矯正治療精密検査・診断検査・診断料 ¥60,000

矯正治療を開始する前に、患者様の状態を詳しく調べるために検査を行い、その結果を基に診断・治療計画をたてます。
検査には、1時間から1時間30分程度お時間がかかります。

検査後、約1ケ月後に診断結果をご説明し、治療計画をたてるためのお時間をお取りいただきます。
また、矯正治療終了時にも同様の検査を行いますが、その費用も含まれています。

2段階の矯正治療(小学校低学年頃から)

第1段階治療基本料金 ¥420,000

下記の第1ステージから第2ステージ頃に治療を開始するような、永久歯と乳歯が混じっていたり、全身の成長が遅めのお子様の場合、治療を2段階に分けて行っております。

早期に治療を開始することによって、将来の永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。 また、早期に悪いかみ合わせを改善することにより、お子様の成長を良い方向に導く可能性も高まります。

第2段階治療追加料金 ¥300,000

下記の第2ステージに相当する時期です。
永久歯が生えそろい状態や全身の発育具合をみながら、本格的な第2段階の矯正治療を行っていきます。

成長期のお子様の矯正治療 ~成人の方の矯正治療

矯正治療基本料金 ¥725,000~

中学生頃から高校生のお子様の矯正歯科治療です。
お子様のかみ合わせや、成長具合によって治療計画が変わってきます。

成人の方の矯正治療は、骨格的な変化は起こせないため、歯の移動のみによる治療となります。
成長期の方の治療に比べると抜歯をしなければならない可能性が高くなります。
装置が気になる方には、目立たないクリアな装置を使用致しております。

通院時処置処置料 ¥3,000~¥6,000

矯正歯科治療は約1ヶ月~1ヶ月半に一度くらいの間隔で通院していただきますが、その際の処置料としての費用です。治療期間は患者様の状態などによって変わるため、上記の矯正治療基本料金と毎回の処置料の合計分が治療費用総額となります。

保定装置保定装置料金¥50,000

矯正治療が終了し装置をはずした後、歯と歯を支える歯ぐきや骨が安定するまでに時間がかかります。
特に直後の6ヶ月から1年は不安定な時期です。
これを支えるために、終了時には保定装置という後戻りを防ぐ装置をつけていただくための費用です。
患者様のお口の中や周りの筋肉のバランスや、かむ癖など不確定な要素もたくさんあるため、当医院では保定装置も重要に考えております。
重要性をご理解いただき、しっかりと使用していただくために保定装置料金をいただいております。

ホームホワイトニング¥30,000~

矯正治療されていない方でも、歯のホワイトニングをご希望の場合には専用トレーを製作し、お家で行っていただくホームホワイトニングを行っております。

  • 上記すべての料金に消費税が掛かります、2018年11月1日現在
  • なお、治療に際し永久歯の抜歯が必要な場合の抜歯費用については、保険が適応されませんので、抜歯していただく歯科医院にて別途費用が必要となります。

各ステージの説明

第1ステージ(永久歯の生え始めから混合歯列期)
永久歯の生えてくるスペースが足りない場合や、部分的に動かす必要がある不正を治します。
この時期には基本的には可轍式(取り外し式)の装置を用いて治療していきます。
また、悪い習慣によって引き起こされる問題がある場合には、改善する訓練をします。
骨格の改善が必要な場合には、あごの成長をコントロールすることを試みながら、成長発育を観察していきます。
(通院は、1~2ヶ月に一度くらいです。 経過観察で、3~4ヶ月おきの来院になることもあります。)
第2ステージ(永久歯列初期)
永久歯が生えそろって来る時期です。
全身の成長具合を見ながら、ブラケットや補助的な固定式の装置を使って、本格的な矯正歯科治療を開始する時期です。
開始時期、症状や成長具合で個人差がありますが、約3年前後の治療期間が必要となります。
(治療のために月1回ぐらいの通院が必要です。)
第3ステージ(永久歯列完成期)
歯を動かす矯正歯科治療が終了した後、歯が動かした後の位置で安定してくるまでの保定期間が必要となります。治療終了時に、保定装置を準備します。
特に、矯正装置をはずして最初の6ヶ月は歯が後戻りやすい時期ですから、指示通りに使用するようにして下さい。 動かした歯が安定するまでには、動かした期間の約三倍の期間が必要であると言われています。 (年に3~4回通院していただき、経過を観察します。)
第4ステージ(その後の定期的観察)
親知らずの生え具合によっては、その後の噛み合わせに影響を与える場合があります。
場合によっては、親知らずの抜歯が必要になることもあります。
全身の成長はほぼ終わりますが、老化現象を含めその後も体の状態は少しづつ変わっていきます。
良くなった歯並びの状態を保ち、お口の健康を保つ努力を続けて下さい。
特に、歯の間の歯ブラシだけでは磨けない部分などは、定期的にデンタルフロスを使って清掃する事をお勧めしています。

支払い方法

  • 銀行振込
  • 各種クレジットカード
  • デンタルローン

などをお選びいただけます。 料金やお支払い方法については、ご相談の際に詳しくご説明いたします。

スルガ銀行のデンタルローン
「リザーブドプランPLUS」
スルガ銀行のデンタルローン:リザーブドプランPLUS
アプラス 「デンタルローン」

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:0776-23-1180 【診療時間】10:00~13:00、14:00~18:00
【定休日】日・月・祝
お問い合わせ

ページの先頭へ