症例集

お子様のガタガタの歯並びの2段階治療

2018年9月28日

治療開始時10歳の女性の患者様です。
上の前歯と下の前歯のガタガタを気にされて受診されました。
上顎が狭く、上の前歯も内側に入っていたため下顎の歯列も狭くなり、下顎が下がった症例でした。乳歯と永久歯の混じった混合歯列期で、2段階の治療を行いました。1段階目は、取り外し式の装置で上顎をゆっくりと拡げながら、内側に入った前歯を前方に出して、下顎の前方への成長を促しました。

永久歯が生えそろってから、ブラケットによる2段階目の治療を行いました。
治療期間は1段階目の取り外し装置で約2年、ブラケットによる2段階目が約2年で合計で約5年間でした。1段階目では、おおよそ2ヶ月に1回、2段階目ではおおよそ月に1回の通院での治療でした。
患者様の協力も良く、毎回楽しく通院していただき、治療後にはキレイな歯並びになり、治療3年後も良い状態を保っています。

使用装置:【1期治療】可撤式拡大装置、【2期治療】マルチブラケット装置、リップバンパー

治療費は、検査料、1段階目の矯正治療基本料金、2段階目の矯正治療追加料金、通院時の処置料x通院回数と、治療後のメンテナンスのための保定装置料の合計で、おおよそ100万円ほどです。

※大人の方で、下の前歯にガタガタ多い場合には、歯を支える歯槽骨がもともと下がっている場合が多く、治療後にキレイに並んだ歯の歯肉付近の間に隙間が出来る場合があります。また、歯を移動に伴って、治療後に歯根の先端がやや短くなる場合があります。

矯正治療にあたっては、患者様の状態を調べる詳しい検査を行い、検査結果に基づいて治療計画をたたて治療を行います。患者様によって歯並びの悪い状態や、骨格が異なりますので、治療の方法や使用する装置、抜歯の必要性などについて患者様に寄って異なります。

 

 

 

 

お問い合わせ

ご相談は、お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ:0776-23-1180 【診療時間】10:00~13:00、14:00~18:00
【定休日】日・月・祝
お問い合わせ

ページの先頭へ